遺言書によってできること

遺言書によって、次のようなことが指定できます。

相続財産に関すること

  • 民法の法定相続分と異なる相続分の指定
  • 具体的な遺産の分割方法の指定
  • 一定期間は遺産の分割を禁止すること
  • 相続人でない人への財産分け
  • 公的機関などへの寄付
  • 信託の設定

身分に関すること

  • 相続人となるべき者を廃除(相続の資格を失わせること)したり、一度した廃除を取消すこと
  • 子の認知
  • (親権者の場合)未成年後見人、未成年後見監督人の指定

遺言執行に関すること

  • 遺言執行者の指定又はその指定を第三者に委託すること
  • 遺言執行者の報酬

a:981 t:1 y:0