遺言に関するお取扱い内容の例

遺言に関し、次のような事務をお引き受けいたします。
なお、以下に記載のものに限定されませんので、ご不明点はお問い合わせください。

遺言に関わる相談

どのような形式で、どのような内容の遺言を書くのか、その遺言書の保管はどうするのかといったことのご相談をお受けします。

遺言書の作成

遺言書の作成をいたします。
公正証書遺言を作成する場合には、原案の作成、公証役場との事前打合せなどを行い、公正証書遺言作成の際に必要な証人もお引き受けします。

遺言書の保管

ご希望に応じて、遺言書の保管をいたします。
なお、当事務所で遺言書を保管する場合には、配偶者にそのことを言っておくなどして、相続が開始したときに必ず当事務所に通知がくるような状態を作っておかなければなりません。具体的な方法は、個別の事情に応じてアドバイスいたします。

遺言執行者

遺言書に遺言執行者としてご指定いただくことができます。相続開始後に、遺言執行者として遺言に基づき預貯金の配分や不動産の名義変更などを行います。

検認

自筆証書遺言など(公正証書遺言以外)の場合には、相続開始後に、「検認」という手続をしなければなりません。検認の申立てをいたします。

a:868 t:1 y:0